眼瞼下垂の名医なら傷跡が目立たないように治療できる

花と女性

瞼に関するトラブル

先生

近年、増えている症状

眼瞼下垂は、近年、形成外科で治療相談が多い症状です。これは、瞼が下に垂れ下がって開きにくくなることです。両方の目に生じるケースと片方の目だけに起こるケースが有ります。眼瞼下垂になる原因は、瞼を持ち上げる眼瞼挙筋、筋肉を動かす動眼神経の働きが鈍ることです。眼瞼下垂になると、色々と日常生活で不具合が起こります。まず、瞼を上げることが困難なので、無意識におでこの筋肉で瞼を上げようとします。すると、眉毛の位置があがり、おでこにシワがよりやすくなります。その他にも、目が見えにくくなるので、眼精疲労や頭痛、肩こりの原因にもなります。また、物が二重に見えることもあるので、早期にきちんと治療を受ける必要があります。

効果のある施術

眼瞼下垂を治療するためには、ほとんどの場合、眼科か形成外科で手術を受ける必要が有ります。その手術方法は、眼瞼下垂の原因や症状によって異なります。まず一般的に行われるのが、挙筋短縮術です。これは、眼瞼挙筋の先にある挙筋腱膜やミューラー筋を切り取る方法です。この施術で、瞼を持ち上げる筋肉を強化できます。その他にも、腱膜前転術という治療も一般的に行われます。これは、瞼板から離れてしまった挙筋腱膜を元の位置に縫い付けるものです。これらの施術では、瞼へ注射による麻酔が行われます。なので、痛みを感じることもなく、精神的にもとても楽な施術です。また、術後のダウンタイムも少し腫れるくらいなので、気軽に受けることができます。