眼瞼下垂の名医なら傷跡が目立たないように治療できる

花と女性

加齢でまぶたが下がる

スキンケア中

加齢以外も原因に

自分のまぶたが以前よりもたるんでいるように感じていませんか。それは、眼瞼下垂かもしれません。加齢によってまぶたがたるんでしまうのですが、まぶたがたるむ原因は、加齢だけではありません。他にも考えられる原因はあります。女性に多いのが、メイクによってまぶたに触ることです。まぶたはとてもデリケートなのでなるべく刺激しないほうが良いです。ただ、メイク中にどうしてもこすってしまうことがあるでしょう。他には、花粉症などで目を強くこすってしまうこともあるはずです。このように、瞼に刺激を与えることで、まぶたがたるみやすくなります。それだけ、まぶたの筋肉は切れやすいのです。眼瞼下垂の治療を受ければ、まぶたをすっきりさせられます。

気になったら医者に相談

まぶたがたるむと、見た目の印象も変わります。まぶたが上がりにくいと感じるようになったら、眼瞼下垂を疑って治療を視野に入れたほうが良いです。クリニックへ行ってみてください。軽度の状態でも治療はできます。まぶたがたるんでしまったので、余分な皮膚や脂肪を切除してしまいます。切除せずに、まぶたをつりあげる手術もあります。また、眼瞼下垂の治療をするときに、二重にしてしまう場合もあります。切る方法と切らない方法と両方あるので、どこのクリニックで治療するかも良く考えたほうが良いです。まぶたが重い、かなりたるんでいると思うなど気になることがあれば、医師に相談してください。信頼できる医師をよく探してから相談しましょう。