眼瞼下垂の名医なら傷跡が目立たないように治療できる

金髪の女性

患者の希望に配慮する医師

医療器具と女の人

細心の注意が必要

眼瞼下垂という病気になると眼瞼挙筋という筋肉がうまく働いてくれなくなります。この症状の原因は、年齢に伴う老化現象やコンタクトレンズの過剰な使用などにあるといわれています。午前中は通常の状態であっても、1日の終わりが近づく頃には眼瞼挙筋が落ちてきて眼瞼下垂になってしまうという人もいます。このように眼瞼下垂とはデリケートな眼瞼挙筋にまつわる症状のため、治療してもらうには名医を選ぶことが大変重要になります。というのも、二重などの手術と同様に、手術のやり方がよくないと手術前より問題が深刻になるような結果となりかねないためです。最近は二重の手術も名医に頼んだ方がよいということが知られてきているので、これから眼瞼下垂の手術を受ける人も名医を選ぶことが増えていくでしょう。

切開する場所にもこだわり

眼瞼下垂の手術自体は、それほど困難な手術ではありません。ただ問題は、眼瞼挙筋の機能さえ回復すればよいというものではなく、女性にとっては手術後の外見も重要なものであるということです。眼瞼下垂の手術によって傷跡が目立ってしまうような事態はぜひとも避けたいとすべての女性が望むことでしょう。そのために、眼瞼下垂の手術を名医に行ってもらうことが大切なのです。眼瞼下垂の術式はシンプルなものともいえますが、メスを入れるのに簡単な部位と難しい部位とがあります。実は目立ちやすい部位の方がどんな医師でも切開しやすいのですが、名医はあえて結膜の側という目立たない場所を選んで切開を行います。これは傷跡を残したくないという患者の希望を尊重していることの表れといえます。

加齢でまぶたが下がる

スキンケア中

加齢やまぶたへの刺激によってまぶたがたるんでしまいます。眼瞼下垂と言われ、治療できます。自分で怪しいと思ったら医者に相談しましょう。切る方法もあれば、切らない方法もあるので、信頼できる医師を探したほうが良いです。

View Detail

老けて見える原因を解消

複数の医者

まぶたがたれてきてしまい、老けて見えるだけではなく視界が塞がれてしまうのが眼瞼下垂です。その治療には切らないで行う手術も存在しており、今後は多く行われるようになると考えられています。ハードタイプのコンタクトレンズを長時間使用していると眼瞼下垂の原因にもなるので注意が必要です。

View Detail

瞼に関するトラブル

先生

眼瞼下垂は、まぶたが垂れ下がって目が見えにくくなる症状です。瞼をあげようとおでこの筋肉を使うので、シワになりやすく、眼精疲労を起こします。形成外科では、眼瞼下垂の症状に合わせて有効な治療を行っています。

View Detail